宅地建物取引業務/株式会社ミライアロー

株式会社ミライアローは、司法書士、土地家屋調査士、行政書士の総合事務所と併設されております不動産の売買、賃貸、仲介、斡旋及び管理会社です。

ご依頼者様の依頼を受け、ご条件にあった物件、造成プランを提案させていただきます。

他社には出来ない土地・建物の購入に伴う法的手続きまでワンストップサービスを展開しております。

主な業務内容

不動産の売買、賃貸、仲介、斡旋及び管理

土地の分譲及び宅地の造成

都市計画法関連業務

法人概要はこちら >

行政書士業務

行政書士法人アローフィールズ

行政書士は、法律(行政書士法)に基づいた国家資格者で、ご依頼者様の依頼を受け官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びにその提出手続の代理、遺言書等の権利義務・事実証明に関する書類の作成、行政不服申立て手続の代理等を業としています。

不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること。

不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられています。しかし、その手続きはとても複雑で一般の方には理解しづらい事があります。
そこで、私たち土地家屋調査士は、依頼人の求めに応じて不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。不動産の物理的な状況を登記簿に反映するために、調査・測量の結果を踏まえ、建物を新築した場合における建物の表示の登記、土地の分筆の登記等の登記申請手続を行っています。

主な業務内容

農地法関連業務・相続関連業務・都市計画法関連業務

法人概要はこちら >

土地家屋調査士業務

土地家屋調査士法人アローフィールズ

土地家屋調査士とは

不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること。

私たち土地家屋調査士は、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために、必要な調査及び測量を行っています。具体的には、不動産(土地又は建物)の物理的な状況を正確に把握するためにする調査、測量の事を言い、例えば、土地の分筆登記であれば、登記所に備え付けられた地図や地積測量図等の資料、現地の状況や隣接所有者の立会い等を得て公法上の筆界を確認し、その成果に基づき測量をすることになります。

不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること。

不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられています。しかし、その手続きはとても複雑で一般の方には理解しづらい事があります。
そこで、私たち土地家屋調査士は、依頼人の求めに応じて不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。不動産の物理的な状況を登記簿に反映するために、調査・測量の結果を踏まえ、建物を新築した場合における建物の表示の登記、土地の分筆の登記等の登記申請手続を行っています。

主な業務内容

土地建物の登記業務

土地分筆登記 / 土地合筆登記 / 土地地目変更・更正登記 / 土地地積更正登記 / 土地表題(表示)登記 / 建物表題(表示)登記 / 建物分割・合併登記 / 建物滅失登記 / 建物表題変更・更正登記 / 建物区分登記 / 区分建物表題(表示)登記 / 区分建物合体登記 /

土地建物の測量調査業務

土地境界確定測量 / 境界標設置 / 復元測量 / 真北測量 / 土地建物現況高低測量 / 越境物件調査 / 境界調査 / 基準点測量 /

法人概要はこちら >

司法書士業務

不動産登記

司法書士は、皆さまの身近な暮らしの法律問題を取り扱っている「身近な法律家」です。
司法書士の仕事は、不動産登記・相続関係業務・商業登記(会社の登記)・供託の手続き代理、裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成、
簡易裁判所における訴訟・調停・和解等の代理、法律相談、企業法務、成年後見事務、債務整理等多岐にわたっております。こうした幅広い業務を通じ、
皆様の財産・権利を守り、トラブルを未然に防止し、トラブルの際はその法的解決のためのアドバイスとサポートをいたします。

相続関係業務

身内の方が亡くなられた際には、故人が所有している遺産について、相続人がどの財産を相続するかを決めて、相続人の名義に変更することが必要です司法書士は、相続による不動産の名義変更の申請や、戸籍の収集や相続関係説明図の作成、誰がどの遺産を相続するかの話し合いの結果をまとめた遺産分割協議書の作成を行っています。

それ以外にも、相続放棄(財産よりも負債の方が多い場合などに遺産を一切相続しない手続)、特別代理人の選任申立(相続人の中に未成年者がいる場合の手続)、遺産分割調停の申立(遺産相続で争いになってしまった場合の手続)などで家庭裁判所に提出する書類の作成を行っています。
さらに、これから遺言書を作成したいとお考えの方への遺言の作成に関する相談や、遺言書の検認(申立自筆で書いた遺言書が見つかったときに行う手続)、遺言の内容を実現する人を選任する手続に関する書類の作成も行います。

上記内容を含め、協議内容に基づき最終的には所有権移転等の登記申請手続きを行います。

商業登記

商業登記は、株式会社などの法人について、設立(誕生)から清算(消滅)にいたるまで一定の事項を法務局で登記することにより、法人の内容を社会一般の人に公示することで、法人を巡る取引の安全を実現する制度です。 司法書士は、これら商業登記手続きについて、書類の作成や申請代理業務を行います。

法人概要はこちら >