土地家屋調査士業務

土地家屋調査士法人アローフィールズ

土地家屋調査士とは

不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること。

私たち土地家屋調査士は、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために、必要な調査及び測量を行っています。具体的には、不動産(土地又は建物)の物理的な状況を正確に把握するためにする調査、測量の事を言い、例えば、土地の分筆登記であれば、登記所に備え付けられた地図や地積測量図等の資料、現地の状況や隣接所有者の立会い等を得て公法上の筆界を確認し、その成果に基づき測量をすることになります。

不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること。

不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられています。しかし、その手続きはとても複雑で一般の方には理解しづらい事があります。
そこで、私たち土地家屋調査士は、依頼人の求めに応じて不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。不動産の物理的な状況を登記簿に反映するために、調査・測量の結果を踏まえ、建物を新築した場合における建物の表示の登記、土地の分筆の登記等の登記申請手続を行っています。

主な業務内容

土地建物の登記業務

土地分筆登記 / 土地合筆登記 / 土地地目変更・更正登記 / 土地地積更正登記 / 土地表題(表示)登記 / 建物表題(表示)登記 / 建物分割・合併登記 / 建物滅失登記 / 建物表題変更・更正登記 / 建物区分登記 / 区分建物表題(表示)登記 / 区分建物合体登記 /

土地建物の測量調査業務

土地境界確定測量 / 境界標設置 / 復元測量 / 真北測量 / 土地建物現況高低測量 / 越境物件調査 / 境界調査 / 基準点測量 /

法人概要はこちら >